IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • 動画 , 製品レビュー
  • ライトで起床時間を教えるベッドサイド照明「Zucklight」|ザッカーバーグ氏のアイデアを形にした快眠支援ライト

ライトで起床時間を教えるベッドサイド照明「Zucklight」|ザッカーバーグ氏のアイデアを形にした快眠支援ライト

ライトで起床時間を教えるベッドサイド照明「Zucklight」|ザッカーバーグ氏のアイデアを形にした快眠支援ライト

夜中にふと目が覚めて、そろそろ起きる時間かどうかをスマホに手を伸ばして確かめたことはあるだろう。しかしもっと簡単に確認できるように、と開発されたのが睡眠支援デバイス「Zucklight」だ。

睡眠の質を高める方法の1つとして、起床時刻にアラーム音を鳴らさず、部屋の照明を少しずつ明るくするなどして無理なく目覚めさせる、というものがある。FacebookのCEOであるMark Zuckerberg氏も、このアイデアを形にした「sleep box」というデバイスを自作し、その効果を実感している。

現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

Zucklightは、大きさが12.7×12.7×8cmの、伏せた升に似ているシンプルな形状のデバイス。ベッドサイドのテーブルなどに置くと、起床時刻にほのかな明かりを点灯し、自然に目覚めさせてくれる。光の色と明るさなどは、Bluetooth経由で連携させたスマートフォンの専用アプリから設定する。

時刻などの情報は一切表示せず、起きるべき時刻にならないとLEDも点灯させない。そのため、夜中など早すぎるタイミングで目が覚めてZucklightを見ても時刻が気にならず、安心して再び眠れるという。起床時刻が近づくにつれ光の色を変化させる機能もある。

アプリで好きな色に設定

Zucklightはデザインも機能もシンプルだ。見た目はただの木箱で、ボタン類は一切なし。しかし、下部にLEDライトを搭載していて、連携するスマホマプリで色や明るさを調整できる。
起床時間を設定しておくと、その時間になったらライトが灯り始める。徐々に明るくなることで自然な覚醒を促す働きもある。

データ分析で眠りの質改善

Qi対応のワイヤレス充電機能を備え、スマートフォンなどを上に置けば最大10Wの出力で充電できる。
室温とCO2レベル、湿度を感知するセンサーが内蔵されていて、それらのデータをスマホアプリで確認できる。眠りが浅かった日のデータを検証することで、眠りの質向上につなげられそうだ。
睡眠の質に悪影響を及ぼすといわれるCO2については、濃度が高くなるとアラームで警告して換気などを促してくれる。

なお、Zuckerberg氏のアイデアをベースに開発し、名称まであやかったZucklightだが、製品化の許可をZuckerberg氏側に依頼中。広報担当者によると、Zuckerberg氏はZucklightの存在を知っているはずだが、今のところトラブルにはなっていないそうだ。

Kickstarterでの支援受付期間は日本時間8月13日まで。記事執筆時点(日本時間7月18日19時)でキャンペーン期間は25日残っているが、すでに目標金額5000ドル(約54万円)を大きく上回る約12万2000ドル(約1320万円)の資金を集めている。Zucklightの開発チームは、支援金が10万ドル以上になったら音声アシスタント機能「Google Home」「Amazon Alexa」を追加搭載する方針。

Comments

comments

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム