IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • ニュース
  • 「Yahoo!ショッピング」のファッション分野で独自AIによる類似画像検索機能を提供開始

「Yahoo!ショッピング」のファッション分野で独自AIによる類似画像検索機能を提供開始

「Yahoo!ショッピング」のファッション分野で独自AIによる類似画像検索機能を提供開始

ヤフーは、任意の画像に類似した見た目の商品を「Yahoo!ショッピング」内で検索できる「類似画像検索機能」を開発し、「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!ブラウザー」アプリへの提供を開始した。

同機能を利用するには、Androidの「Yahoo!ブラウザー」アプリのカメラ機能で対象物を撮影する方法と、iOSの「Yahoo!ショッピング」アプリの商品画像上に掲出される虫眼鏡アイコンをタップする方法がある。

これにより、「Yahoo!ショッピング」で購入できる類似した見た目の商品がリスト形式で表示される。ユーザーは、似ているものや名前がわからないものといった、言葉では表現しづらい商品の検索が可能だ。

現時点では「ファッション」カテゴリーに限り利用可能だが、他のカテゴリーへの対応や「Yahoo!ショッピング」以外への拡張も検討されている。

本機能の開発には、同社が独自に開発した深層学習を用いた画像認識技術と、テキストや画像、商品・ユーザーデータなど複数の特徴を持つデータを、大量のデータベースの中から高速に検索・特定できるAI関連技術「NGT」を利用しているとのこと。

「NGT(Neighborhood Graph and Tree for Indexing)」は、テキストや画像、商品・ユーザーデータなど、複数の特徴を持つデータ(高次元データ)を、大量のデータベースの中から、高速に検索・特定できるAI関連技術としてヤフーが開発し、2016年11月よりオープンソースソフトウェアとして公開している。

ディープラーニングで画像をベクトル表現し、NGTで近いベクトル表現を持つ画像を検索する。例えば黒いTシャツの画像を選ぶと、AIが黒色で似たデザインのTシャツを探し、アプリ画面で表示する。

物体検出や画像の特徴量を抽出する機械学習モデル、複数の特徴を持つ高次元ベクトルの検索などの技術は、同社で独自開発したという。今後は対象カテゴリーを広げる予定。ブランド名や価格帯など、画像以外の情報も利用し、ユーザーのニーズに合った商品を表示できるよう改善するとしている。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム