IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • IT , 特集・コラム
  • Wi-Fi 6とは?5G時代に対応した新たなWi-Fi規格|ギガレベルの実効スループットが見込める、次世代Wi-Fi規格

Wi-Fi 6とは?5G時代に対応した新たなWi-Fi規格|ギガレベルの実効スループットが見込める、次世代Wi-Fi規格

Wi-Fi 6とは?5G時代に対応した新たなWi-Fi規格|ギガレベルの実効スループットが見込める、次世代Wi-Fi規格

「Wi-Fi 6」とは、すぐそこまで迫ってきた5G時代に対応した、新たなWi-Fi規格として、現在標準化作業が進められている次世代の標準Wi-Fi規格なのだ。まだ対応製品はほとんど出ていないが、1年後には間違いなく話題になっているこの規格、今から知っておいたほうがいい部分が多いので、しっかり理解しておこう。

現在、標準化作業が進んでいる「Wi-Fi 6」ですが、正式名称は「IEEE 802.11ax」という。
802.11ax(Wi-Fi 6)は、イノベーションを続ける Wi-Fi 標準規格の最新バージョンです。この標準規格は、802.11ac の強みを生かして構築されていて、効率性、柔軟性、拡張性を強化して、新規および既存のネットワークで、次世代アプリケーションに対応する高速化と容量を実現する。

Wi-Fi 6 の利点

Wi-Fi 6 は 802.11ac の成功に基づいて構築されている。Wi-Fi 6 により、アクセス ポイントは高密度な環境でより多くのクライアントをサポートし、標準のワイヤレス LAN ネットワーク環境を向上させることができる。また、4K または 8K ビデオ、高密度高画質のコラボレーション アプリケーション、オールワイヤレス オフィス、Internet of Things(IoT)などの高度なアプリケーションで予測可能なパフォーマンスを実現できる。Wi-Fi 6 は、ワイヤレスの成長に合わせて、Wi-Fi を未来に推進していく。

「Wi-Fi 6」は理論値での最大通信速度が従来では最大だった「11ac」の6.93Gbpsの約1.4倍になっている。これだけ聞くとたいしたことなさそうだが、実効スループットの速度では、現状最速の「11ac(4×4)」でもせいぜい800Mbps程度と言われているのに対し「Wi-Fi 6」はその4倍程度とも言われているので、そうなると最大で1~2Gbps以上の実効スループットは出るのではないかと思われる。まだ規格標準化前であり、対応製品もほとんどない状態なので、未定の部分は多いものの、これまでのWi-Fi規格に比べて高速になることは間違いないだろう。これだけの高速通信が行えれば、今はまだ難しいと言われている8K映像のストリーミングなども行えるようになるとされている。

ただ、「Wi-Fi 6」のメリットは、むしろ高速な実効スループットを安定して実現できる、という点にありる。たとえば、「11ac」では5GHz帯だけの対応だったが、「Wi-Fi 6」では「11n」と同様に2.4GHz帯、5GHz帯の2バンド対応となる。しかも、5GHz帯と2.4GHzを交互に組み合わせた通信も行えるため、さまざまな状況に合わせた通信が可能となり、それだけ汎用性も広がることになる。

このほか、複数のストリームを束ねて高速通信を可能にする「MU-MIMO」(MultiUser-MIMO)利用時の同時接続デバイス数も、「11ac」の最大4台から8台へと倍増している。なお、通信速度ばかりが注目されがちだが、「Wi-Fi 6」では、通信密度がより高くなっており、数多くのデバイスがひとつのルーターに接続した場合などに、通信がより安定することも大きな特徴だ。今後、IoT対応デバイスなどが増えてくると、現在のWi-Fi規格では通信が不安定化することも考えられるが、こうした来たるべき時代の要請にも、「Wi-Fi 6」はしっかり対応している。


新たな呼称となる「Wi-Fi 4」「Wi-Fi 5」「Wi-Fi 6」を現すビジュアルマーク。これらのマークが製品パッケージなどに掲載される

Wi-Fi 6 アクセス ポイント

初期導入ユーザおよび新しい標準のテストを希望しているお客様を対象に、いくつかの Wi-Fi 6 アクセス ポイントがすでに販売されている。初期にリリースされるアクセス ポイントは、標準が未承認の段階であるため、先行標準アクセス ポイントになります。つまり、初期の先行標準アクセス ポイントの中には、Wi-Fi 6 に含まれる重要な機能をサポートしないものがある。ただし、これらのアクセス ポイントの中で対応しているものはソフトウェア アップデートによって認定され、Wi-Fi 6 の機能をサポートする。このアプローチは、802.11ac や 802.11n などの前の世代の導入時と似ている。

Wi-Fi 6 技術の特徴

・1024 直交振幅変調(QAM)を使用した高密度の変調により、35% を超える高速バーストを可能にする。
・直交周波数分割多重接続(OFDMA)に基づくスケジューリングにより、オーバーヘッドと遅延を削減する。
・堅牢で効率的なシグナリングにより、非常に低い受信信号強度表示(RSSI)でも快適に機能する。
・Target Wake Time(TWT)によってスケジューリングが向上し、デバイスのバッテリ寿命が長くなる。

Wi-Fi 6はいつ承認されるのか

現時点で、IEEE は 2019 年後半に Wi-Fi 6 修正の承認される予定になっている。Wi-Fi Alliance も同様の時期に Wi-Fi 6 認定を開始する予定です。公式な承認に関する最新情報は 802 IEEE Web サイトの「RevCom & Standards Board Final or Continuous Process Approval(審査委員会および標準委員会の最終または継続的なプロセスの承認)」列に記載されている。

5G と Wi-Fi 6 を両立

いよいよ今年、次世代モバイル通信規格の「5G」がアメリカなどでサービス開始される予定ですが(日本国内では2020年と見られている)、5Gによる通信サービスが開始されると、最大20Gbpsという高速通信が実現される。もちろん、実際の通信速度はもっと落ちるが、それでも1Gbpsを超える高速でモバイル通信が行えるようになると見られている。そうなると、数百Mbps程度程度しか出ない今のWi-Fi規格は遅すぎて、5Gを前提としたコンテンツでは力不足にもなりかねない。

また、家庭のブロードバンド回線も、現在、光回線で最大1Gbps(一部2Gbps/10Gbpsもあり)というのが主流ですが、この場合も今のWi-Fi規格は通信速度のボトルネックになりがち。ブロードバンドの通信速度が数Gbps出ていても、現在のWi-Fi規格では、結局数百Mbps程度の速度しか出ないため、家庭内でWi-Fi通信をしていると、そこがボトルネックになりがちだ。このため、あえてギガビットの有線LANを使っているという人も多いと思う。

しかし、新規格の「Wi-Fi 6」なら、1Gbpsを超える実効スループットが期待されるので、5G回線を前提としたコンテンツにも、ギガビットの光回線ブロードバンドにも、十分に対応できる。つまり、これまで問題になりがちだったWi-Fi通信のボトルネックが解消されるわけだ。この点でも「Wi-Fi 6」は、まさに来るべき「5G」時代に対応したWi-Fi規格と言うことができそうだ。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム