IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • ニュース
  • ソフトバンクがフジロックで5Gのプレサービスを提供

ソフトバンクがフジロックで5Gのプレサービスを提供

ソフトバンクがフジロックで5Gのプレサービスを提供

ソフトバンクは、7月26~28日に新潟県湯沢町で開催される野外ロック・フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL ’19(以下、フジロック)」において、5Gのプレサービスを提供すると発表した。

同サービスでは、フジロックのYouTube公式チャネルがライブ配信する映像を5Gネットワークを通して視聴できる。
VRコンテンツは、会場内のソフトバンクブースに用意されたVRヘッドセットで体験できる。体験者はVR空間に再現されたイベント会場にアバターとして入場し、フジロックの公式YouTubeチャンネルから配信されるライブ映像をVR空間のスクリーンで見られる。ユーザー同士で映像を見ながら会話もできるという。

加えて提供するフジロック公認アプリ「FUJI ROCK ’19 by SoftBank 5G」では、各エリアに設置したカメラで撮影された会場の模様を5Gネットワークを通して1~5分ごとに配信。来場者は各エリアの混雑状況を確認できる。

7月下旬にリリースするアプリ「FUJI ROCK 5G EXP by SoftBank」(iOS、Android)では、5Gネットワークを使って届けられる会場の様子を解析し、会場の賑わいを3D空間に再現するという。ユーザーは会場に行かなくてもフジロックの雰囲気を楽しめるとしている。

また、フジロックの開催期間中に開催される「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」のソフトバンクブースで、光回線で配信されるライブ映像をVRヘッドセットで視聴できる。

プレサービスでは3.7GHzの実験局を使い、ミリ波(28GHzなどの高周波数帯)は使用しない。ソフトバンクが商用サービスで利用する5Gの周波数帯は、3.9~4GHz帯と29.1~29.5GHz帯が割り当てられているが、プレサービスでは使用しない。

 5Gの電波を受ける端末として、シャープとソニーモバイルの実証実験用スマートフォンを利用する。シャープの5Gスマホは「AQUOS R3」をベースにしたもので、5Gで使う周波数帯のSub6(6GHz未満の周波数帯)とミリ波の両方に対応している。ソニーモバイルは、MWC19 Barcelonaで展示した、Xperia 1ベースのプロトタイプを利用するが、外観は変更される可能性がある。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム