IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

【NTTデータ】七十七銀行の与信管理業務効率化を目指しAIを活用した実証実験開始

【NTTデータ】七十七銀行の与信管理業務効率化を目指しAIを活用した実証実験開始

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、株式会社JSOL(以下:JSOL)と連携し、株式会社七十七銀行(以下:七十七銀行)の与信管理業務において、2019年8月より、AIを活用した業務効率化の実証実験を開始しました。

七十七銀行は、本取り組みによって、取引先企業の業況変化をより早く検知することにより、当該企業へ早期に事業支援・改善に向けた提案を行うなど、提供サービスの付加価値向上を目指します。

NTTデータは、与信管理業務へのAI活用に関して、審査部門へのヒアリングや適用可能性分析の結果、JSOLが提供するAI分析による「企業の業況変化検知システム」との連携が、与信管理業務のさらなる効率化のために最適として採用が決定しました。

背景

七十七銀行では、決算書等の財務データを用いた取引先企業の実態把握などの与信管理業務の増加に伴い、より一層業務の効率化を図り、取引先企業とのコミュニケーションを強化すべく、AIを活用した先端システム導入に向けた実証実験を行うことになりました。

NTTデータは、実証実験のシステム選定を行いました。その結果、セキュリティー面の信頼性、導入期間の短縮の観点から、株式会社三井住友銀行で利用実績があり、かつNTTデータの金融機関向けクラウドプラットフォームOpenCanvas®上のクラウドサービスとして提供している、JSOLの「企業の業況変化検知システム」を採用することとしました。

本実証実験では、勘定系システム(MEJAR)の提供ベンダーとして、対象情報の選定、抽出、加工や分析支援を通して、七十七銀行における与信管理業務への「企業の業況変化検知システム」適用支援を実施します。

実証実験の概要

1.目的
与信管理業務における「企業の業況変化検知システム」の有用性検証

2.内容
お取引企業の業況変化検知精度確認および業務適用検討

3.期間
2019年8月~2019年9月

今後について

NTTデータは、今後もAI等のデジタルテクノロジーを活用することで、七十七銀行の業務効率化・高度化を支援していきます。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム