IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

ITコンサルタントとは?必要なスキルとキャリアパスを紹介

ITコンサルタントとは?必要なスキルとキャリアパスを紹介

ITコンサルタントといえば、高年収も期待できる花形職のイメージをお持ちの方も多いと思う。
難易度は高いものの、IT関連職への就職を目指す新卒や未経験の方にも人気があり、エンジニアの目指すキャリアとしてもよく知られている。実際にITコンサルタントはどんな立場で何をするのか、またどうすればなれるのだろうか。

ITコンサルタントは、「企業の経営課題を解決する」ことを目的とし、対策の提案から課題解決のためのシステムの開発まで、ありとあらゆる分野の業務を行う。
業務規模と収入額に応じた高度なスキルが求められる、非常にやりがいのある仕事です。ITエンジニア職でキャリアを積むうちに、ITコンサルタントへの転職に興味を持たれる方も多いことだろう。
そこで今回は、ITコンサルタントの具体的な仕事内容や必要スキル、またITコンサルタントへのキャリアパスについてご紹介する。

ITコンサルタントに求められる役割

ITコンサルタントの役割は、「ITを切り口にクライアントや企業の経営課題を解決すること」だ。

企業側はコンサルティング料を支払い、経営課題の改善・解決を求める。ITコンサルタントは、企業の経営陣を上回る専門知識と問題解決能力を持って、常にクライアントの立場になって寄り添うスタンスを大切にしながら様々な提案を行うことが大切だ。

また、ITコンサルタントとシステムエンジニア(SE)は、どちらも情報システム開発の上流工程を担当する職種であり、混同されがちです。両者の仕事内容は、何が違うのでしょうか?ここでは、ITコンサルタントとSEそれぞれの役割と業務フローについてご紹介する。

■ITコンサルタントの役割と業務フロー

ITコンサルタントの役割は、クライアントの経営課題を解決することだ。そのため、クライアントから話を聞いて経営課題をあぶり出し、どのようなシステムを導入すればその課題を解決できるかを提案するのが、ITコンサルタントのメインな仕事となる。

提案がクライアントに承認されれば、SEに「こんなシステムがほしい」と要望を伝え、SEがその要望に沿ったシステムの開発に取り掛かる。つまり、ITコンサルタントのほうが、SEよりさらに上流の工程を担当する職種であるといえる。

■SEの役割と業務フロー

SEの役割は、クライアントが希望するシステムの開発を行うことだ。そのために、まずどのようなシステムが必要かクライアントから詳しく話を聞き、その内容をまとめ、それらを基にシステムの大まかな設定を決める。

その後、プログラミングを行うためにさらに細かく仕様を決め、実際にプログラミングを行い、動作テストを行うという工程を踏んでいく。つまり、企業の課題に対して最適なシステムを構築するのが、SEの仕事といえる。

ITコンサルタントの主な仕事内容

ITコンサルタントは企業の経営課題に対し、問題の根本的な解決策を提案し、実行に移る。
具体的には、企業の現状から本質的な問題を把握し現状分析を行い、クライアントからヒアリングした要望も加味した上で、業務要件に沿って、ITを活用した業務改善策やシステムの最適化などを提案する。

企業の経営方針に沿ったIT戦略を基にシステム開発を提案する、あるいはシステムの最適化から経営改善を図るなど、ITコンサルタントの業務フローはクライアントや案件によって異なる。

システム導入を依頼された場合は、システムの設計から開発・動作検証まで、あらゆる作業に携わることがITコンサルタントの仕事です。もちろんITコンサルタントが1人ですべての作業を行うわけではない。ITコンサルタントを含めた各分野のスペシャリストでチームを編成し、協力して業務をゴールへ導いていく。

さまざまな分野のプロフェッショナルに囲まれながら仕事を行うため、幅広い知識と経験を得られることがITコンサルタントの魅力の1つだ。

また、IT企業には、様々な経緯による現状サービスが存在しており、そのサービスを支える為にシステムを構築してきたので、経営戦略やサービスやシステムの設計・動作・運用などに対し、良し悪しを評論若しくは批評する「評論家」を求めてはいません。

現状のサービスに対する問題対策や経営戦略の実現提案、そして何よりも、これらの提案を実現する実行力とマネージメント力を兼ね揃えた「専門家」が求められているのです。

しかしながら、ITコンサルタントはその名の通り、ITに関連するコンサルタントの総称であり、IT戦略に基づく業務分野によって、仕事内容は多岐に渡りる。いくつかの例を見ていこう。

企業の業務改善を実現するERPコンサルタント

ERP(Enterprise Resource Planning)を訳すと、「企業資源計画」であり、企業経営の上で役立つ4大経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を有効活用し経営の効率化を図る経営手法だ。
ERP実現のために、ERPパッケージ (企業の持つ各種業務を統合的に管理するソフトウェア)が多くの企業で活用されている。

携わる企業の業務経験や深い知識を備えた上で、企業の事業形態に合わせて、ERPパッケージの選定を行い、最適なカスタマイズを行い、ERPパッケージを活用しながら企業の経営の効率化を図る役割を担いる。

ERP分野において圧倒的なシェアを誇るSAPコンサルタント

SAPとは、ドイツのソフトウェアメーカーだ。このSAP社が開発したERPパッケージが市場において世界をはじめ国内でも圧倒的シェアを誇っている。

SAP製品に関する深い知識と携わる企業の業界知識を備えた上で、ERPパッケージの新規導入支援や設計を行い、活用しながら、企業の経営課題の解決につなげていきる。
また、SAPコンサルタントは国内外を問わず需要があり、語学力や海外地域の知識や経験を持っていると、グローバルに活躍できることが期待できる。

顧客へ最適なサービス提供を行うCRMコンサルタント

CRM(Customer Relationship Management)とは、顧客に関する情報を収集して分析し、顧客のニーズに合わせたサービスの提供を行うことで顧客満足度を高め、長期的な利益につなげる経営手法だ。

マーケティング戦略の業務知識を備え、顧客戦略の立案を行い、マーケティングや営業関連をはじめ、業務効率化のためのCRMシステムの導入・運用・カスタマイズなどを支援する。

マネジメント業務管理支援を担うPMOコンサルタント

PMO(Project Management Office)とは、企業内における複数のプロジェクトの整備・管理などマネジメント業務を行うことだ。

企業内で実行中の全プロジェクトにおける総合管理を担い、企業全体のプロジェクトマネジメントの品質向上に努める。
コスト管理、環境整備、リソース配置などの各種マネジメント業務を担当することもあり、また、プロジェクトを円滑に進めるために各プロジェクトのプロジェクトマネージャー(PM)のサポート役も担当する。

生産・物流プロセスに欠かせないSCMコンサルタント

SCM(Supply Chain Management)とは、流通プロセスの「供給連鎖」を意味し、部品や材料の仕入れから、生産、販売に至るまでの一連のプロセスを「1本のチェーン」とした、流通プロセスの最適化を行う経営手法だ。

SCM(生産管理・物流・購買)の知見を持ち、生産から販売に至るまでの流れ全体の効率化を目指して、SCM戦略の立案、PMO導入支援、コスト削減などを提案し、企業の経営改善を支援する。

ITコンサルタントに役立つ欠かせないスキル

ITコンサルタントは、各プロジェクトにおいてリーダー的な役割を担う。
そのため、各分野のIT技術職に対する知識の他、問題解決に必要な論理的思考力、多数の技術者をまとめることのできる協調性が求められます。多数のクライアントと交渉を行うことから、体力・忍耐力はもちろん、対外的なプレゼン能力や案件を同時進行する能力も必要です。また、ITコンサルタントには高いITスキルのみならず、現状に甘んじることなく、常に問題解決に向けて挑戦を続ける姿勢が求められます。

前述した仕事内容のように、ITコンサルタントの業務は広範に及び、各々の分野において深い専門知識が求められる。
それに加え、ITコンサルタントであれば身につけたい欠かせないスキルがある。

■IT技術の高度な知識と豊富な経験

クライアントの経営課題に対して業務システムの構築から、終結までを提案・サポートするためには、高いIT知識が必要とされる。
システム開発の経験は必須ではありませんが、プログラマーやシステムエンジニアとして経験を積んで得た技術や知識もプラスとなり大いに活用できると言えるだろう。

■携わる業務や経営に関する知識

「クライアントの経営課題の解決」が求められるため、携わる企業の全般的な業界知識はもとより、経営的な視点を盛り込んだ経営戦略の提案が必要となる。

■論理的思考力

長年、その業界に特化した業務を継続してきた企業の経営陣にコンサルティングをするには、常に一貫して筋が通った論理的な考え方である論理的思考能力が重要になる。
企業課題を最適化する提案を行う際に、論理的な視点で、目的を明確にし、問題は分けて整理し、結論に至るまでのプロセスを相手にできるだけわかりやすく説明する必要がある。

■問題解決能力

ITコンサルタントがクライアントに一番期待されているスキルであるとも言えるだろう。
企業の抱える課題の、本質的な問題を「正しく」認識し、どこにどんな問題があるかを見つけ、分析し、対策案を出して解決へつなげる能力は必須だ。

■高いコミュニケーション力

業務を通して、多くの人と関わるため、相手の要求を正確に把握するヒアリング力や、相手の立場や気持ちを汲み取りつつ自分の意見を的確に伝え、最終的には相手を説得するプレゼンテーション力などが必要とされる。
最終的な目的を達成するために、様々な立場の人とコミュニケーションを取り、円滑な人間関係を築く能力が求められる。

ITコンサルタントへのキャリアパス

■業務系システムエンジニアを経て

システムエンジニアとして実装・テスト・導入・運用の経験を積み、さらには要件定義・計画立案・設計といった上流工程の経験を経た後に、ITコンサルタントへ転身するケースが多くみられる。 システムエンジニアとして得られたITの知識と経験はもちろん、携わった企業システムの業界知識なども役立つ。
しかしながら、システムエンジニアの経験だけあればITコンサルタントに必ずしもなれるわけではなく、クライアントとの折衝経験、プロジェクトのマネジメント経験(PM)、内外部とのやりとりにおけるコミュニケーション力など、ITコンサルタントとして評価されるスキルを伸ばしていくことが大切だ。

■インフラ系システムエンジニアを経て

多くのITコンサルタント求人では、直接企業の経営に影響を与えることが少ないインフラ領域経験者を求める数は業務系システム経験者に比べて少ない傾向がある。
インフラ系システムエンジニアがITコンサルタントに転身する場合には、 現状のスキルにプラスして、下記のような「スキル」を磨いていくと、インフラ系ITコンサルタントとして、企業のセキュリティ関連やインフラ最適化などの業務で重宝され活躍できることが期待できる。

・インフラ関連サービスの提案力:クライアントの要求に応えるだけでなく、最新の技術やサービスを常に把握しクライアントに合った最適なインフラサービスの提案
・セキュリティ関連技術スキル:今後も需要が増えるセキュリティ関係の知識や技術力
・クラウドサービス関連技術:クラウドサービスの充実により、運用を外部に委託する企業も増える中でのクラウドサービス関連知識と技術力

■新卒または未経験から目指す

新卒または未経験からコンサルティングファームへ就職をし、ITコンサルタントを目指すケースも多くみられる。
メリットとしては、一般的なコンサルティングファームであれば、経験が浅いうちからプロジェクトを通してコンサルティングに関する多くの業務を経験でき、論理的な思考力や対人スキルも身に付き、他企業であれば時間のかかるスキルを短期間で得られることができると言える。
デメリットとしては、実際に働き始めると求められるスキルも能力も高めであり、また周囲との実力差もはっきり出るためついていけないケースも起こり得る。さらに、膨大な仕事量であることが多く、働き方もハードなことから、精神的・肉体的にもタフであることが求められる。

まとめ

ひとくくりに「ITコンサルタント」と言っても携わる業界や企業により、様々な仕事内容があり、求められるスキルも多様ですが、「企業の経営課題解決」という目的を果たすために、多くの人と関わりながら業務を進めるやりがいのある職種と言えるだろう。
ITコンサルタントで活躍する方には、資格取得により対外的な自分のスキルの証明に役立てたり、様々なプロジェクトの開発経験をベースにしてさらにスキルを磨き、業界の最新動向などにもアンテナを張って常にクライアントにとって最適な提案をすることを心がけている方が多くみられる。
このことからもITコンサルタントになるためには様々な実務・開発経験をはじめ、技術・知識習得の積み重ねが必須と言えるだろう。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム