IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • ニュース
  • Googleがオリジナルタブレット開発から撤退 Chrome OSではノートPC「Pixelbook」に注力

Googleがオリジナルタブレット開発から撤退 Chrome OSではノートPC「Pixelbook」に注力

Googleがオリジナルタブレット開発から撤退 Chrome OSではノートPC「Pixelbook」に注力

米Googleは、「Pixel Slate」を最後に自社オリジナルタブレットから撤退する。Chrome OS搭載のオリジナルハードウェアは、ノートPC型のChromebook、「Pixelbook」に注力するという。

Googleオリジナルのタブレット端末はNexus 7をリリースした当時は好評だったが、その後スマートフォンの大型化により、7~8インチの小型タブレットは徐々に居場所を失っていった。

そして昨年6月、Androidの公式ページから「タブレット」カテゴリが一時消滅して騒然となりましたが、結局はバグだったと判明。その後、初のChrome OS搭載タブレットPixel Slateが登場したわけですが、キーボードやトラックパッドを接続していない場合は操作しづらく、タッチ操作に最適化されていないと指摘する声もありました。

Googleは、2015年にAndroid搭載タブレット「Pixel C」を、2018年にChrome OS搭載タブレット「Pixel Slate」を発売したが、その後タブレット型の新モデルを発表していない。

同社の広報担当者はComputerworldに対し、新たなタブレットを開発していたが、19日に開発停止を決定したと語った。同社は、2モデルの来年立ち上げを目指していたが、Googleの品質基準に届かないため停止したと米Business Insiderに語った。

もっともGoogleは、上述の通りPixel Slateのサポート継続と合わせて、Chrome OS搭載のラップトップとタブレットの両方でサードパーティーのハードウェアメーカーと協力し続けるとも述べています。すでにPixel SlateやAcer、ASUSなどのChrome OSタブレットを買った人も、今後のアップデートにより使い勝手が向上していく恩恵が受けられるかもしれない。

ちなみに、Chrome OS搭載タブレットチームのメンバーのほとんどは、Chromebookチームに編入される。Chrome OSチームは今後も、ノートPCおよびタブレット向けOS開発を続ける。

 Googleの広報担当者は、年内にPixelbookの新モデルが登場する可能性が高いと語った。次期ノートPC型Pixelbookはコードネーム「Atlas」の下で開発されていると以前からうわさになっている。

なお、Pixel SlateもPixelbookも、今のところ日本では販売されていない。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム