IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • 製品レビュー
  • FLUANCE Fi20 ポータブルBluetoothスピーカー:スタイリッシュな見た目と上質なサウンド

FLUANCE Fi20 ポータブルBluetoothスピーカー:スタイリッシュな見た目と上質なサウンド

FLUANCE Fi20 ポータブルBluetoothスピーカー:スタイリッシュな見た目と上質なサウンド

 オーディオ市場において、ワイヤレスポータブルスピーカーは、必要不可欠な製品カテゴリとなってきた。
カスタマーは、どこでも音楽が再生でき、家族や友人に共有したいと思っており、そのニーズに対応すべく様々なメーカーがワイヤレスポータブルスピーカー市場に参入している。

 低価格で高性能のスピーカーとターンテーブルを専門としているFluance(カナダ)は、新製品としてFi20ポータブルBluetoothスピーカーを発表した。
見た目にはユニークなデザインで、音質がどの程度のものか非常に興味がある。

特徴

 Fluance Fi20は、三角のキャビネットは3つの木製ベニヤ(ブラックアッシュ、天然クルミ、竹)から選択でき、サイズ:12×6×5.5インチ(H×W×D)、重さ:3ポンドと比較的サイズがありつつも、合成皮革製のハンドルがあることで持ち運びがとても簡単だ。


背面パネルには、キャリーハンドル、Bluetoothリセットボタン、3.5mmステレオAUX入力、AC電源コネクタがある。

 3インチリネンファイバードライバーは、円錐形のリフレクターとグリルを通して360度の全方向に音を拡散します。「バスレフ」と呼ばれる設計により、70Hzから20kHzまでの指定された周波数で、内蔵パワーアンプは15ワットの連続平均出力が可能である。

 Bluetooth4.0とaptXプロファイルによりワイヤレス機能を搭載。内臓のリチウムイオン電池は3.5時間の充電で最大24時間の再生が可能だ。防水ではないのでプールに投げ入れないでね(笑)

 その他の機能はとして、スピーカーフォンがあり、スピーカー部分ではLED照明により温かみのある白いアクセントライトが点灯する。フルレンジのドライバーが1つのためモノラルサウンドとなり、Bluetoothを通してステレオ信号を受けることができますが、左右の音は一つに統合されて再生さる。


3インチのフルレンジドライバーはアコースティックディフューザーから全方向に音を広げる。

ユーザーインターフェース

 すべての操作パネルとステータスメモリは、スピーカーフォンマイク同様、三角形の斜め上面にある。電源ボタンを除き、他すべてのコントロールはタッチセンサーで反応する。

 LEDステータスインジケータは状態に応じて色が変化し、バッテリーの充電中は緑点滅し、充電が完了すると緑点灯する。電源を切った後、電源ボタンをタップしてバッテリーの状態を確認することもでき、40〜100パーセント:緑色、15〜39パーセント:黄色、0〜14パーセント:赤色で表示される。Bluetoothペアリングモードでは白点滅、Bluetoothペアリングが成功、またはAUX入力が接続されているときは白点灯となる。

 背面パネルは、Bluetoothリセットボタン、3.5mm補助入力、AC電源入力があり、AC電源アダプタは付属していますが、補助ケーブルは付属していない。

パフォーマンス

 iPadからBluetoothを介して音楽を聴きましたが、サウンドは非常に豊かなものだった。低音やや強調されていると思う。


上面には、ステータスLED、マイク、電源ボタン、他タッチセンサー、アクセントライトのスイッチ、スピーカーフォンのスイッチ、スキップバック、再生/一時停止、早送り、音量調整がある。

 最後に、価格は150ドル程度ととても魅力的だ。そのユニークなデザインと一緒に質のよい音楽を持ち運べることは、音楽ライフを一段快適なものにしてくれるはずだ。


Fluance Fi20 High Performance Portable Wireless 360 Degree Speaker with Omni-Directional Sound, Bluetooth aptX Enhanced Audio, Wood Cabinet, 24 Hour Battery, Speaker Phone, Accent Light (Lucky Bamboo)
製品の詳細はこちら

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム