IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • ニュース
  • コカ・コーラがリラクゼーションドリンク「チルアウト(CHILL OUT)」に出資|デジタルやECを生かした高速な事業育成で協働

コカ・コーラがリラクゼーションドリンク「チルアウト(CHILL OUT)」に出資|デジタルやECを生かした高速な事業育成で協働

コカ・コーラがリラクゼーションドリンク「チルアウト(CHILL OUT)」に出資|デジタルやECを生かした高速な事業育成で協働

I-ne(アイエヌイー)と日本コカ・コーラはI-neが7月1日付で設立したEndian(以下、エンディアン)への出資に関する契約を締結した。これにともない日本コカ・コーラはエンディアンに資本参加し、エンディアンは本日より本格的な事業を開始した。

日本コカ・コーラはこれまで「綾鷹」や「アクエリアス」などマス向けの清涼飲料水ブランドを確立してきた。しかし、ITの発達やコミュニケーションの多様化に伴い、小売業界でもよりきめ細かな市場創出が求められるようになっている。

エンディアンは、今秋よりリラクゼーションドリンク「CHILL OUT(チルアウト)」の販売をI-neから引き継ぐとともに、I-neと日本コカ・コーラの持つ商品企画・販売・マーケティングのリソースを活かし、飲料の事業領域において、まだ市場に存在しない新しい価値の創造を目指す。

CHILL OUTは2016年11月にI-neから発売されたリラクゼーションドリンク。情報過多でストレスが増大している昨今必要なものは「エナジー」ではなく「リラクゼーション」だというコンセプトで、ヘンプシードエキスやテアニン、リラックス効果があると言われているGABA、各種ビタミンを配合している。 価格は185 円で販路はオンラインやナチュラルローソンなどとなっている。

日本コカ・コーラは出資の背景・目的として、エンディアンとして「消費者のトレンドの半歩先を読み、迅速なスピードで製品を市場に展開することで、新しいプロダクトカテゴリーを創出すること」を挙げている。

今後両社はエンディアンにおいて「トレンドの半歩先を行くブランド・製品・事業の立ち上げ」「デジタルプロモーションやECを活用した事業の高速育成と検証」「スピード感を持った製品の改善」を軸とした事業展開を目指すという。

株式会社I-ne 代表取締役 大西洋平 コメント

I-neの理念「Chain of Happiness」の更なる飛躍のため、この度飲料事業を新会社Endianに事業移管し、展開していくことになりました。日本コカ・コーラの持つ飲料ブランドの開発・運営ノウハウと、I-neの培ってきた既存の手法に因われないアイデアで新たなイノベーションを起こしていきます。
2016年に誕生したI-neの飲料ブランド「CHILLOUT」は、「ストレス社会にエナジーではなく、“リラクゼーション”を提供する」というコンセプトで販売をスタートし、一部から熱狂的な支持を得ております。「チル」という言葉も、今、若い世代でトレンドになってきており、潮流を感じております。しかし、飲料ブランドの運営・拡大に当たり、いくつかの課題を抱えていました。
そんな中、日本コカ・コーラからお声がけをいただき、互いの理念や戦略方針に共感し合えたことから、合同会社の設立に至りました。今後両社の強みを活かして、新しいカテゴリー、新しい消費者価値を皆様に提案していきます。ご期待ください。

日本コカ・コーラ株式会社 新規事業開発本部 副社長 マシュー・ミッチェル コメント

日本コカ・コーラは、猛烈なスピードで変化し続ける日本の市場において今後も成長を継続するため、常に新しいイノベーションの機会と、その実現を加速させてくれるパートナーを探しています。株式会社I-neの持つ成長のための実行力と表現力、探索能力、新しい機会へ積極的にチャレンジする姿勢、そのすべてが強い起業家精神に基づいていることに非常に大きな感銘を受けました。これらは当社が最も大切にしている「成長志向(Growth Mindset)」にも通じる価値観です。
このたびのパートナーシップが、それぞれの会社が持つ強みを活かしたイノベーションを創出するという新しい事業モデルの先例となることを、非常に楽しみにしています。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム