IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

AWS Well-Architected Tool|アーキテクチャのワークロードがクラウドベストプラクティスに沿っているかをレビュー

AWS Well-Architected Tool|アーキテクチャのワークロードがクラウドベストプラクティスに沿っているかをレビュー

AWS Well-Architected フレームワークとは?

Well-Architected フレームワークは、クラウドアーキテクトがアプリケーション向けに実装可能な、安全で高いパフォーマンス、障害耐性を備え、効率的なインフラストラクチャを構築するのをサポートする目的で開発された。
このフレームワークでは、5 つの柱 (運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化) に基づいて、クライアントとパートナーがアーキテクチャを評価し、時間と共にスケールする設計を実装するための一貫したアプローチが提供される。

フレームワークの柱 説明
運用上の優秀性 ビジネス価値をもたらし、サポートプロセスと手順の継続的な向上を実現するために、システムを実行およびモニタリングする能力。
セキュリティ リスクの評価と軽減戦略によって、ビジネス価値を生み出しながら、システム、アセット、情報を保護する能力。
信頼性 インフラストラクチャまたはサービスの中断から復旧し、需要に合わせて動的にコンピューティングリソースを取得し、設定ミスや一時的なネットワーク問題のような障害を軽減するシステムの能力。
パフォーマンス効率 コンピューティングリソースを効率的に使ってシステム要件を満たし、需要の変化や技術の進歩に合わせてこの効率性を維持する能力。
コスト最適化 最も安価にシステムを実行して、ビジネス価値を実現する能力。

AWS Well-Architected Toolとは?

AWS Well-Architected Tool を利用すると、ワークロードの状態をレビューし、最新の AWS アーキテクチャのベストプラクティスと比較することができる。
このツールは、AWS Well-Architected フレームワークをベースとし、クラウドアーキテクトがアプリケーション向けに実装可能な、安全で高いパフォーマンス、障害耐性を備えた、効率的なインフラストラクチャの構築をサポートする目的で開発された。

このフレームワークでは、お客様とパートナーがアーキテクチャを評価するための一貫したアプローチを提供しています。このフレームワークは、AWS ソリューションアーキテクチャチームによって実施された数万回ものワークロードのレビューに使用されてきた。
さらに、アプリケーションのニーズに応じて時間の経過とともにスケールする設計を実装するのに役立つガイダンスも提供している。

※AWS Well-Architected Toolの仕組み

AWS Well-Architected Toolを試してみよう

まず、AWS Well-Architected Toolコンソールを開いて、Define workloadをクリックして開始。

ワークロードの作成

最初にワークロードに名前をつけ、定義することから始める。
単一のAWSアカウントにおけるリソースのサブセットで構成されたものか、または複数のAWSアカウントを集約した複数のリソースのコレクションである。

次に業界や業種、運用するリージョン、本番環境かなどを選択します。また任意にAWSアカウントIDを入力することも出来ます。続いてDefine workloadをクリックして次に進もう。

レビュー

レビューを開始する準備が出来た。設問数は1つのピラーに対して9程度、合計46個ある。

各設問と選択肢横のinfoをクリックすることでその設問を解説した動画、選択肢毎何を意味しどんなメリットがあるかの解説が右のウィンドウに表示される。
ワークロードが次の5つの観点でベストプラクティスに則っているかをレビューするために設計された質問に答えていく。

最初は「運用の優秀性」です。ここでは9つの質問があり、選択肢から複数の回答を選択できます。役立つ情報も画面の横側に表示されている。
順番に従って、質問に回答することも出来ますし、保存や中断をすることも可能です。レビューを完了すると、AWSワークロードの改善計画を確認することが出来る。

改善計画

全体の概要では中程度のリスク、高いリスクの数が視覚化され、設問毎にどう改善すると良いか表示される。複数のワークロードを一覧で確認することも出来る。

ユーザはPDF形式で回答のサマリーを出力し、レビューの進捗と全体のステータスをダッシュボードで確認することが可能である。
AWS Well-Architectedは一度チェックしたら終わりではなく月1などで適宜更新おこなっていくものなので、前回と今回でどれだけ改善できたか、どんな変化があったかなど振り返りに使用できるのではないだろうか。

まとめ

AWS は新しいサービスのリリース、既存サービスへの機能追加、新しいインスタンスタイプ、料金改訂が比較的に短いサイクルで行われている。
本エントリにある継続的レビューはこれらをシステムへ反映し、よい良いものへと進化していく手助けになる。
四半期に一度、半年に一度、年に一度継続的レビューを実施してみてはいかがだろうか。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム