IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • サービス , ニュース
  • アマゾン、置き配指定での配達を岐阜県で実証実験開始|在宅も応対も不要でもっと受け取りやすく

アマゾン、置き配指定での配達を岐阜県で実証実験開始|在宅も応対も不要でもっと受け取りやすく

アマゾン、置き配指定での配達を岐阜県で実証実験開始|在宅も応対も不要でもっと受け取りやすく

アマゾンジャパンは9月11日、Amazon.co.jpで取り扱う商品の配達方法を標準で置き配にする実証実験を岐阜県多治見市で行うと発表した。通常配送からの変化を見ながら、置き配の利便性や効果を検証する。

10月にAmazon.comで商品を注文し、届け先を多治見市内に設定した客が対象。商品購入時の配送方法があらかじめ置き配に設定される。客が置き配を希望しない場合は、これまで通り対面での配達にも対応する。

置き配は、荷物を宅配ボックスや玄関、自転車の荷物かごなど、指定した場所に荷物を置いて配達完了となるサービス。ドライバーは配達した荷物と場所の写真を撮り、客はメールや配達状況確認画面で状況を確認できる。悪天候などで指定の場所への配達が難しい場合はドライバーが都度連絡する。

実証実験では、再配達率の変化や荷物の状態、対面での受け取りを選んだユーザーなどのデータを集める。アマゾンの置き配サービスは、東京23区や愛知県、大阪府などの大都市圏で展開。今後も対応地域を拡大するという。

近年、インターネット通販の普及で配達の需要が増加する一方で、配送業者の人手不足や再配達件数の増加が社会課題になっている。置き配は、再配達による人的負担の解消に有効だとして、配送各社で導入が進んでいる。

置き配で配達場所を指定可能

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、次のようにコメントしている。
「今回の実証実験では、お客様とコミュニケーションを図り、配送サービスを発展させるための貴重な機会を与えてくださった多治見市民の皆様に、感謝申し上げます。私たちはこの取り組みが配送に関わる社会的課題解決のために、重要な役割を果たすものと考えています。Amazonは常にお客様の声に耳を傾け、今後も引き続きお客様へより利便性と安全性の高い配送サービスを提供できるよう、努力を継続してまいります。」

置き配指定について
「置き配指定」を利用すると、お客様のご在宅・ご不在にかかわらず、ご指定いただいた場所に商品を配達し、サイン不要で配達完了になる。
置き配指定は、Amazon.co.jpが発送し、一部のデリバリープロバイダがお届けするご注文が対象だ。置き配指定を利用すると、お客様のご在宅・ご不在にかかわらず、指定した場所に商品を配達する。受取時のサインは不要で、指定場所への商品の配達をもって配達完了となる。 置き配指定対象商品の場合は、注文確定時に、お届け先住所の下に商品の配達場所を指定するための置き配指定のリンクが表示される。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム