IT・AI・IoT・製造などビジネスに役立つ製品や企業などの最新情報・最新ニュースを随時更新

  • ニュース
  • アップルとクアルコムが和解しインテルは撤退。iPhone5Gはいつ発売されるのか。

アップルとクアルコムが和解しインテルは撤退。iPhone5Gはいつ発売されるのか。

アップルとクアルコムが和解しインテルは撤退。iPhone5Gはいつ発売されるのか。

 アップル(Apple)とクアルコム(Qualcomm)はすべての訴訟を取り下げ法的紛争に終止符を打った。下記が2社間で行われることとなった。

  • アップルとクアルコム間のすべての訴訟が取り下げられた。
  • アップルはクアルコムと6年の特許ライセンス契約(延長オプションは2年)を締結した。
  • アップルはクアルコムと複数年のチップセットライセンス契約を締結した。
  • アップルからクアルコムに費用(非公開)が支払われた。

 これは、iPhoneの未来にどのような影響をもたらすのだろうか。

iPhone5Gは2020年の発売が確定的か?!

 アップルはiPhone5Gにて、最新のセルラーネットワークで使用されている6GHz以下の周波数や新しいミリ波周波数を含む、すべての既存の5Gネットワ​​ークを使って、かつバッテリ寿命やフォームファクタに妥協することのない信頼性の高い新作iPhoneを検討している。

 当初は、IntelのXMM8160を利用することで検討が進んでいたが、アップルからの厳しい品質要求を満たす必要があるなかで、2020年のリリースに向けて進捗状況としては順調とはいえなかった。5Gは新しい仕組みであり、膨大なテストを必要とし、そのうえで信頼性の担保が必須ななかで、アップルが大きな危険を冒すことはなかった。アップルがクアルコムとのチップセットライセンス契約を締結したことで、iPhone5Gの2020年リリースが現実的になってきた。逆に、Intelは、アップルというビッグクライアントを失ったことで5Gモデムビジネスからの撤退を正式に発表した。

 クアルコムは現在、5GのX50モデムを販売しているが、電力消費が激しく機能などの制約が発生してしまう。しかし、第2世代の5GモデムX55の電力消費は非常に少なく、アップルからの要求を満たすことができる5Gモデムである。X55モデムは今年上半期にパートナー向けにサンプル配布が予定されており、X55を使ったスマートフォンは年内にマーケットに登場してくるだろう。

 では、iPhone5Gの年内発売は可能だろうか。 クアルコムのX55モデムがなければ不可能だっただろう。 しかし、様々な状況を考えると、一定のリスクがあり、アップルがリスクを冒してまで進めていくことはないと思われる。

アップル独自のモデムを使うことはあるのだろうか

 アップルは、求人リストなどを見ると、ずいぶん前から独自のモデム開発にに取り組んでいたようだ。しかし、クアルコムとの複数年契約締結により、アップルの独自モデムが出てくることは今後数年間はないだろう。しかしそれは、アップルが独自のモデム開発を行わないこととはつながらず、プレスリリースを見る限り、契約は独占的な取り決めは含まれておらず、他製品には独自のモデムが使用できる。

 アップルとクアルコムの和解は、大きな衝撃であり予測もつかない状況となったが、iPhone5Gについてのアップルからの発表がより楽しみになった。

Comments

comments

よく一緒に読まれている記事・ニュース

この記事についているタグ

今話題のニュース・記事

今話題の特集・コラム